ほうれい線が出来ないスキンケア法

若い頃はべたついていたのに、いつの間にか乾燥が気になるようになり、そしてたるみやしわ、シミに悩むなど、肌の悩みは尽きずどんどんと出てくるものです。特に年齢を重ねた肌は生まれ持った肌質だけでなく、それまでの生活習慣やお手入れで差が生まれてしまいます。
その中で気になるのがほうれい線です。若い頃は笑った時だけ出る、小鼻の横から口角へのしわですが、いつの間にか真顔の時も常に出てしまいます。自然に出てくるしわですが、老けた印象を与えてしまいます。早めにケアをしてしわが薄いうちに改善すれば深いほうれい線にならないのです。

ほうれい線の大きな原因の一つはたるみです。頬が下がってくることで口角も下がり出てきます。そのためマッサージなどでリフトアップやたるみの改善をすることでケアができます。スキンケアでは乾燥させないように保湿をしっかりすることや、コラーゲンなどを保つためエイジングケアをすることです。乾燥しているとより肌にしわが刻まれてしまうので、保湿をして水分や油分のバランスを整え、ふっくらとした肌を作ることです。
ほうれい線が薄いと若々しい印象を与えます。そのためには特別なケアだけでなく、毎日の生活習慣やスキンケアが大切なのです。

ほうれい線 消す