目の茶クマを解消する方法

目のクマというと疲労時や睡眠不足時に現れる症状というイメージが強いものですが、茶クマと呼ばれるクマは疲労や睡眠と関係なく常に目の下が茶色っぽくくすんでいる状態のクマを指します。
原因は肌のくすみですので、血流改善や休養だけではあまり改善効果は期待できません。
そこで今回はそんな消えにくい目のクマの一種である茶クマの解消方法を解説します。

原因であるくすみは、肌の摩擦や紫外線の影響によって肌にメラニン色素という黒化物質が大量に生成されてしまい、それが定着してしまって起こります。
そのため解消のためには、このメラニンを排出させるケアが必要となります。
すでに肌に定着してしまっているメラニンを排出するためには、シミのケアにも使われる美白効果のある成分がおすすめです。
美白成分には様々な種類がありますが、クマを消すために効果的なのは、メラニンができるのを予防するタイプの美白成分ではなく、すでにできてしまったメラニンを無色化し、排出する作用がある美白成分です。
これにはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどがあります。

ビタミンC誘導体は美白成分として非常に多くの製品に使用されている成分で、効き目は緩やかですが肌に優しく安心して使用できる成分です。
ハイドロキノンは美白効果は大変強いのですが、肌への刺激性があり、目の周りなど皮膚が薄い部分に使用する場合は特に注意が必要となるので、まずはパッチテストを行うなどしてから使用するようにしましょう。

目のクマ