美白肌を保つために普段から行いたいUVケアの方法

シミやシワのない美白肌は透明感を放ち、とても美しく若々しく見えます。美白肌は生まれ持った肌質だということは決してありません。あきらめることなく、普段からのUVケアを徹底することが大切です。紫外線は肌にとって良い働きはありませんので、様々な手段で防御すべきです。
UVケアといえば、日焼け止め乳液やクリームが定番です。化粧下地にUVカット効果のある商品もあります。紫外線は春夏だけではありません。秋冬も同じように地上に降り注いでいます。紫外線の強さの違いであって、秋冬に何も対策をとらなければ、将来的にシミを作ったりシワやたるみをひどくしてしまいます。顔だけでなく首やデコルテ部分にも日焼け止め化粧品を使います。洋服を着ている部分はある程度大丈夫かもしれませんが、太陽があまりに強い季節だと、肩や腕、背中などが少し心配になります。その場合は、洗濯するだけでUV加工ができる洗剤も売られています。帽子やストール、腕カバーなどを洗うと、UV加工製品と同等のUVカット効果が得られるというものです。
外出の際は日傘や帽子は必須です。日傘は外側が白で、内側が黒のものがおすすめです。外側が白ければ熱を持たないので涼しく、内側の黒が紫外線を吸収するので、傘の中で紫外線が再度反射しません。帽子や傘だけでは、壁や地面に反射した紫外線が当たるので、必ず日焼け止め化粧品と併用しましょう。
少しくらい平気だと思わずに、こまめに日焼け止め化粧品を塗り直したり、少しの距離でも日傘や帽子を使います。普段の努力こそが美白肌を保つことにつながります。

美白