あごニキビはなぜできる?

大人になるとあごニキビができるのはなぜでしょうか。10代の頃は成長ホルモンが活発になり皮脂の分泌量も増えて洗顔不足で老廃物が溜まりアクネ菌が増殖してニキビになるのですが、大人になると肌も乾燥する一方でオイリー肌に悩む事はありません。

思春期ニキビはおでこや鼻にできやすかったけど乾燥のよるニキビはあご付近にできる事になります。あごにできるニキビはただの皮脂が詰まっている理由ではなくもっと奥深いものが理由です。女性ホルモンのバランス、冷え性、免疫低下、疲れ疲労などの原因が考えられます。

女性ホルモンのバランスで肌の状態も変わります。生理前はいろんな体の変化がある時期です。肌は乾燥しても水分の吸収を拒否するようになりこの時期はあごやリンパ筋にニキビができやすくなります。冷え性なども原因です。あごから耳にかけて首筋などはリンパが通っています。

冷え性でリンパの流れが悪くなるとあごや口周辺にニキビができやすくなります。リンパの流れをよくするとできにくくなると言われています。あごニキビは脂肪分の多い食事を控えめにすると言う方法はあまり関係ないと言われています。

皮脂の分泌量というよりストレスや免疫力低下に関係しているため、体調管理やバランスの良い食事を心がけた方がいいでしょう。

背中ニキビ 原因