むくみで顔がパンパンになったときの対処法

むくみで顔がパンパンになったら、マッサージをしたり軽い運動を行うことで改善できます。むくみが見られる時には体内に余分な水分が滞っている状態ですので、それを排出するように促さなければなりません。
顔の余分な水分を排出する時には、まずは首付近の流れを良くするためにマッサージをして揉みほぐします。そしてマッサージを少しずつ下にずらし、鎖骨辺りまでいったら圧迫します。これで、流れやすい状態を作ることができます。
顔のマッサージを行う時には刺激をやわらげるためにクリームやオイルを使用します。顎から耳の上にかけて引っ張るようにした後、耳の後ろ側から首筋にかけて流すようにマッサージを行います。
むくみにはその前の食生活が大きく影響している可能性があります。塩分の過剰摂取は避け、ミネラルやカリウムを積極的に摂取するとバランスが改善されます。また、前日に遅い時間に食事をすることも内臓に負担をかけてしまいむくみにつながりますので、食事の時間にも気を配ることが大切です。
顔がパンパンになると、メイクをしてもなかなかうまくいきません。そんな時には無理にメイクを厚塗りするのではなく、マッサージ等でコンディションを先に整えてあげる必要があります。

顔のたるみ