お腹についてしまった妊娠線の対処法

出産や、大幅なダイエットをすることによって妊娠線や脂肪線ができてしまったという経験をした人も少なくないのではないでしょうか。しかし、もうついてしまったものは無理だと諦めてしまっている人もいるかと思いますが、手遅れということは決してなくお手入れをきちんとすると必ず良い方向へと向かいます。

そこで、ここでは妊娠線消す方法をお伝えしたいと思います。
最も効果的でほぼ妊娠線ができない方法は妊娠が発覚した時点からクリームやオイルでお腹を毎日保湿することです。
妊娠線ができる要因は第一に皮膚の収縮によって伸びきった肌が一気に元に戻ってしまうことで引き起こされます。このメカニズムから言うと急速に胎児が大きくなるとその分皮膚に負荷がかかってしまうので、できるだけ急激に太らないように体重管理にも気をつけるとより万全な対策といえます。
その次に大きな要因となるのが乾燥です。乾燥することによって収縮によってできた溝がより深く刻まれてしまうこととなります。
この二つの要因をできるだけ回避するために妊娠前からの保湿と、忘れがちですが産後も約1年ほどしっかりと専用のクリームなどでマッサージをすることによって元通りの綺麗な状態へと回復します。

    妊娠線クリーム