ちくびの黒ずみを落とすホワイトラグジュアリーの特徴

ちくびの黒ずみの原因は、メラニン色素にありますが、ホワイトラグジュアリーは、このメラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます。メラニンは皮膚を守る役割があるので、決して「悪」ではないのですが、皮膚を黒くするという性質があるため、作らせないようにすることが大切です。

肌が黒くなるのは、日焼けだけが原因では無く、女性ホルモンの増加が原因でちくびが黒ずむ原因になります。妊娠中や産後にちくびが黒ずむのは、女性ホルモンが増加したことが原因ですが、産後、徐々に元に戻ります。しかし、完全に元の色に戻ることは難しいのでホワイトラグジュアリーを使って代謝を促して肌を黒ずみの無い色にすることが大切です。ホワイトラグジュアリーは、原材料の「アスコルビン酸Na」が角質層に、「リン酸アスコルビルMg」が基底層に、「テトラヘキシルデカン酸」が真皮層にまで達してそれぞれの美白に効果を発揮します。黒ずみやしみなどの原因になる「メラノサイト」は、角質層より下の基底層で生成されているので、角質層までしか届かない商品では効果が期待できません。ちくびの美白をする商品はいろいろありますが、角質層までの新党で基底層までは届かない商品が多く、結果的に効果が出なかったということになります。

ちくびの黒ずみの解消